よくある質問

家を保護するために塗装をします。塗装をすると壁や柱が腐食するのを防ぐことができます。塗装されていないと家はすぐに傷みます。雨や風から建物を保護するのに塗装が大切になります。

外壁のひび割れは原因がたくさんあります。下記に一例をあげてみます。
・地盤沈下
・地震
・乾湿による収縮
・モルタルの施工不良
・材料の調合不良
さまざまなことが原因でひび割れが発生しますが、その原因は複合的で専門家の判断が必要になります。

塗装は気温5℃以上、湿度85%以下が最適です。
地域差はありますが、3月から11月くらいまでが良い時期です。

一般的に使用する塗料で違います。5年・7年・10年・15年以上と差があります。
また施工方法によっても変わります。価格の安い塗装業者をつかうと、すぐに塗装が必要になる可能性があるので、一概に安いとは言えないのです。

一概に言えませんが、10年毎に専門業者の診断をおすすめします。

ひび割れの補修材にフィラーがあります。
フィラーをつかうと建物の細かいひび割れを埋めて表面を平滑にします。

塗膜に裂け目ができる現象をクラックといいます。
塗膜が割れている為、裂け目から水がはいり雨漏りの原因になったりするので、早めの補修をおすすめいたします。

夏の高温、紫外線、風、雨などで塗膜が劣化し、表面が粉状に消耗していく現象でチョーキング(白亜化)といいます。

サッシやガラスなど、塗料が付着しては困る部位にビニールシートを貼ります。
また、建物だけではなく、お庭の植木やカーポートにある車両などへの配慮も必要になります。

建物を洗浄した後に、塗装工事を行う前の外壁のひび割れを埋めたりして表面をきれいに整える作業を指します。この作業が、塗装後の仕上がりに大きく影響します。

仕上がりに影響してしまうため、雨の日は作業を進めることができません。

塗装する際に溶剤系塗料ですと匂いが出る可能性がございます。水性塗料を使用する場合はシンナー等を利用しないので、匂いの心配はございません。
施工前には、近隣挨拶の際に施工内容等をしっかりと説明いたします。

遮熱塗料で工事をすれば室内温度を下げることは可能です。
遮熱塗料は室内温度だけではなく屋根や外壁の表面温度を下げることでき、環境負荷を下げ耐久性を上げることにつながります。詳しくはお問合せ下さい。

耐久性があり高品質のものが良いです。
工事費は高くなりますが、建物の寿命を延ばすので、トータルコストは安くなります。

性能的な違いはあまりありませんが、シンナーで希釈する溶剤系塗料は臭いの問題が起こります。
水系塗料はシンナーを使わないので、においはあまりでません。

一度に塗る塗料の厚さは、材料で変わります。
厚すぎても不均一になったり、乾燥で不良などを起こすことがあります。逆に薄めすぎると仕上がりが悪くなったり、塗料の性能が発揮されないことがあるため、基本的に塗料メーカー推奨の厚さで塗装します。

無料で見積もります。

いいえ、その必要はございません。

屋根材で大きく変わります。下記を参考にしてください。
※粘土瓦(焼き瓦)・・・20年~25年程度
※スレートやセメント系・・・10~15年程度
※板金屋根・・・10年~15年程度

屋根に上っての工事は非常に危険が伴います。
瓦何枚かの張替えでも屋根から落ちたりする可能性があるので、専門業者に相談ください。

Load More